京のお番菜


お番菜の「番」は常用や粗品を意味する語で「番茶」や「番傘」などにも使用されていますね。「菜」はおかずのことで、元来、京料理のことではなく関東の惣菜・関西のお雑用(おぞよ)という日常の献立の意味なんですよ。

珍しい料理や高価な料理はこれに含まれず、おふくろの味 あくまで家の料理になります。普段京都人は使いません、われわれも「おかず」って言います(笑)

ですから、「生麩やお刺身湯葉は無いのか?」はご勘弁くださいね。

 

京野菜について


「京野菜」って実ははっきりした定義はありません。京都でとれる野菜は全て京野菜なんですよ、皆さんがよく言う京野菜とは多分「京の伝統野菜」や「ブランド京野菜」のことを指してるんだと思います。これらは一部を除いて旬の時期しか作られず、また非常に高価な野菜になります。たまに、真夏に「聖護院大根」や真冬に「万願寺唐辛子」が食べられないのかと聞かれますが、残念ながら答えは「食べられません!」なのです。

詳しくはJA京都のホームページ「京野菜」をご覧くださいませ。